WTAPS(ダブルタップス)もう一つのブランド

WTAPS(ダブルタップス)はデザイナーの西山徹氏が1996年に立ち上げた「Placing things where they should be(あるべきものをあるべき場所へ)」をコンセプトとしたブランドです。

では、この西山氏がこのWTAPS(ダブルタップス)を立ち上げる3年前に、別のブランドを作っていたことをご存じですか?

それは「フォーティーパーセントアゲインストライツ(FORTY PARCENTS AGAINTS RIGHTSⓇ )」というブランドで、友人たちとともに東京・原宿にてスタートさせました。
メインとしたのはシルクスクリーンプリントのアイテムで、ブランド名を略した「FPAR」をトレードマークとしていました。
当時原宿に構えていたショップ「NOWHERE」にて販売していました。

ですが立ち上げから3年後、WTAPS(ダブルタップス)を立ち上げるために「フォーティーパーセントアゲインストライツ(FORTY PARCENTS AGAINTS RIGHTSⓇ )」はその活動を休止します。

そして時を経て2009年、13年ぶりに新たなコンセプトを掲げて再始動するのです。

「Media Guerrilla」というテーマを軸にして、マスコミへのコミュニケーションツール、また色々な媒体を使ってのメッセージ発信を行っています。

立ち上げ当時からと同様、シルクスクリーンを使った作品を制作しています。
WTAPS(ダブルタップス)がお好きなあなた、コチラもぜひチェックしてみてください!

身近な人から美容室探し

今までの美容室をやめて新しいところを探したい!と思ったら、多くの人はネットで口コミを見たり、友達など周りからの評判のいいところを探したりする人が多いと思います。

実際その方法で美容室を探すのはいい方法だと思います。
人の噂や口コミと言うのはかなり信憑性がありますし、それが知っている人の言うことでしたら尚更です。

ですが今日はちょっと変わった、しかしながら自分の好みの美容室を見つけやすい方法をお教えしたいと思います。

それはズバリ、「素敵だと思ったヘアスタイルの人を見つけ、その人にどこの美容室に通っているか聞く」です。

初めに断わっておきますが、これは街中でまったく面識のない人に聞いてはいけません。
当然ながらとても怪しまれてしまうからです。

例えば職場であいさつを交わす程度の人になら、ちょっとしたきっかけがあれば聞けると思います。
そんなに仲良くなくても面識さえあれば怪しまれることはありませんし、「いつも素敵な髪型ですよね。
どこの美容室に通ってらっしゃるんですか?」なんて聞かれて、気を悪くする人はほぼいないからです。

この方法のメリットは、その美容師さんの作ったヘアスタイルを直に見られるからです。
さらにそれが自分の好みのスタイルであれば、その美容師さんは少なくともそのスタイル作りのが上手だということが分かります。

普段あまり会話をすることのない人に話しかけるのは勇気がいるかもしれませんが、とてもおすすめできるいい方法だと思います。

個人的にオススメなのは池袋のバロン福岡天神のバロンです(^^)

カラコンとは何か

最近よく聞くカラコンとはいったい何なのでしょうか。

そのカラコンについて説明していきたいと思います。

そもそもカラコンとはカラーコンタクトの略で、色のついたコンタクトのことです。

おしゃれとして日本では認知されていますが、実はこれはオッドアイの方のための治療コンタクトということで、生産されたのが始まりです。

オッドアイとは目の色が左右で異なる病気のことですが、人体への影響も少ないことから逆に美しいと言われている地方もあります。

その眼の色を左右同じにするためのものとして開発されたのが現在のカラコンです。

日本では若い女性などに人気で、気軽かつ手軽に目の色を変えることができるということで人気を博しております。

それによってカラーバリエーションがさらに増加していくので、おしゃれの度合いもさらにグッと高まります。

確かに目は会話の最中でも人一倍みられるということもあって、目の色は大切です。

もともと日本人は黒から茶色系の眼になっており、髪の色に近いと言われております。

髪の毛の色を目の色を合わせることで統一感が生まれ魅力もアップします。

しかし、近年髪の毛を染める人が多くなり、それによって目の色も変えたいという人の需要が高まったことにより、カラコンが普及しました。

これからは目の色も変えておしゃれをさらに楽しむことができます。

ではカラコンはどこで購入することができるのかということなのですが、簡単なのはカラコン通販で注文することです。

カラコン通販を利用している若い女性は忙しいということがあっても通販であれば家まで届けてくれます。

オススメの通販サイトはコチラ

人気のカラーはコチラから参照できます!!

カラコンに対する周囲の理解

先日、外出先で女性2人がカラコンについて話をしていました。

ひとりはカラコンをしていて、もうひとりはしていませんでした。
カラコンをしていないほうの女性が

「カラコンをしたいんだけど、彼氏と家族が反対しているから

したいんだけど 無理なんだよね」という内容でした。
どうやら 反対している理由は テレビのニュースで

カラコンの危険性を聞いたから してほしくない。

ということでした。
それに関して カラコンをしているほうの女性が

「確かに そういうニュースも流れているけど

あれは つけたまま寝たり、ちゃんとした使いをしてないからだよ。

ちゃんとした使い方をしていれば 問題はないから もう一度話してみたら?」

と答えていたので

よくわかってるな。という印象でした。
周囲がカラコンに対して理解してくれるとは限りませんが

使用方法を守れば危険ではないことを説明して理解してもらえるといいですよね。

心配してくれるのは嬉しいことですが、安全面の話をして安心してもらえると

説得できるかと思います。

目の疲れにオススメアイテム

みなさんご存知でしょうか。

最近私も超はまっているアイテム。

その名も「ホットアイマスク」

 

寝る時につけるんだけどだんだん温かくなってきて、ヌクヌクして癒されるのー。

気持ちいいんだよねー。

 

最近目が疲れちゃってお気に入りのカラコンもつけれてないのー。

調子良くなってきたらまた新しいのも買おうっと♪

私はいつもここのサイトで買ってるよー。

カラコン通販サイト for you shop

 

安いし送料も無料だから見てみてね。

ホットアイマスクもみんな使ってみてね☆

 

みんなも快眠グッズとか目の疲れを取るグッズでオススメあったら教えてね☆

 

日記です。今年最初で最後になるかもしれ

日記です。今年最初で最後になるかもしれない日記
去年の自分の日記を見ると書いておくと後でいいな~と思ったりしたので今年も旅行記を。

先週4泊6日で家族3人でハワイへ。
会社からいただいた褒賞旅行なんだけど、6日間いないと職場の人には多かれ少なかれ迷惑をかけてしまうので、なるたけ仕事を残さないように出発前日は脳みそまで疲れきるくらい働いた

ハワイは夜の便なので、出発当日は午後から愛犬をペットホテルを預けに行きそのまま車で成田空港へ。

子連れ海外旅行でいちばんの心配事は機内でお利口にしてくれるかどうかだ。
目新しいおもちゃを用意したり、機内でグズッた時に見せるためポータブルのDVDプレーヤーを買いに行き、帰宅後は子供の好きな番組をDVDに録画したり、準備だけは万端にしておいた。

今回はデルタ航空だったんだけど、チェックインする時に「エコノミーコンフォート」なるアップグレード席があるのを知り、ひとり80ドルと言うのでその席にしてもらった。
結果的にこれが大正解
座席の間隔が普通に比べて少し広く、リクライニングも深く、席も前方なので乗るのも降りるのも早く、搭乗の順番も早く、エコノミーは満席でもコンフォートは余裕があり周りに人が少ないということで精神的にだいぶ気楽になった。

行きの6時間30分、帰りの8時間30分とも娘は機嫌を崩すことなく持ちこたえてくれた。

ハワイに着くとすぐにママの買い物スイッチオン
結局帰る直前までそのスイッチがオフになることはなく、帰りには大きなスーツケースをもうひとつ買い、その他にもサブバッグが2つ出動することに。
おそろしき円高パワー
でも確かに円高を実感できたし、お得感たっぷりでいろいろ欲しくなっちゃうのはわかったなぁ。

きっとそういう展開になるだろうと思って、ホテルはアラモアナセンターに隣接したアラモアナホテルに宿泊。
ワイキキじゃないホテルに泊まるのは初めてだけど、やっぱりワイキキに泊まった方がハワイに来た感じがするな~っていうのが正直な感想。
いつもはレンタカーを借りてワイキキを離れて景色のいいところへ行くのが楽しみのひとつなんだけど、今年はAPECの影響で交通規制が厳しいということだったのでレンタカーで動かなかったのも心残り。

とにかく今回は買い物メインだったから、ママの買い物中父と娘はずっと仲良く遊んでたので、娘のパパっ子ぶりが一層強まったのはこれから来るだろう高額なクレジットカードの請求と引き換えの収穫かな

ABCストアで99セントで買ったレイをママが娘の髪飾りにしてたのが目立ったせいか道行く人に「Oh! She’s so cute!!」なんてよく声をかけてもらったんだけど、その時に自分のこと褒められるよりうれしいのは親心ってものなのか。

旅行中も2才2か月の娘の言葉は日に日に発達を遂げ、旅行に行く前は単語は話すものの会話はまだっていう感じだったのが、帰国した次の日、「パパとママとナナでまたひこうきにのっていこうね~」と話していたのを聞いた時には感動すると共にまた来年も褒賞旅行もらって連れて行こうと思ったわかりやすい父なのでありました。

海賊戦隊ゴーカイジャー

日曜日。

古着屋で、背中に背負うバッグを新調したら、脇についてるチャックに開閉金具が付いておらず、ぱっくり口を開けていた。

店に電話をして、今後気をつけてくれ、現物はこちらで捨てるとだけ言ってこの件は終わりにする。

なぜなら、車で小一時間もかけてわざわざ税込290円を取り戻しにいくのもメンドイからだ。

安物買いの銭失い…

『海賊戦隊ゴーカイジャー』「どうして?俺たち高校生」脚本:香村純子

『メガレンジャー』よりメガレッド・伊達健太が客演。メガレンジャーの大いなる力を手に入れるため、諸星学園を訪問するゴーカイジャー一行。メガレッドは力譲渡の条件に、高校生活を営むように要求する。

デジ研も健在。ここの部員がシナリオ上での危機回避に貢献するのだから心憎い。伊達先生がゴーカイジャーに伝えたかったことの描写は、さすがに時間足りなくて薄かったけどな。

バスコがお猿さんをかばったのは驚いた。自分で仲間と認定した相手には、普通に尽くすキャラなのか?

全然関係ないけど、みんな「いくぜ目がー、目がー、やるぜ目がー、目がー」ってムスカジョークはやったよね?

『仮面ライダーフォーゼ』「消・失・月・戸」脚本:中島かずき

未来日記を操る天文部部長・牧瀬が、ピクシスゾディアーツの力を手にいれユウキをストーキングする。月面基地・ラビットハッチへの入り口になっているロッカーが、廃品回収に持っていかれて通行が途絶、健吾が基地に閉じ込められる。

ラビットハッチを入手する経緯は語られたが、誰が何の目的で、は不明のままなのだねえ。キモすぎる俺たち・牧瀬の存在は実は重要でなく、賢吾と仮面ライダー部面々の友情を深めることが目的のエピソードらしい。それにしても、牧瀬は本当にキモいな。悪意を感じる(笑)。

パワーダイザーが立て続けの活躍で、今度のライダーはCGにずいぶん力を入れているようだ。クリスマス前だからかな?

『機動戦士ガンダムAGE』「進化するガンダム」脚本:兵頭一歩

マックスターかボルトガンダムに見える、AGE1タイタス登場。

エウバとザラムがいがみ合ってると、またEUが襲撃してくる。せっかくのAGE新モード披露だが、見参したところで次回に続く、なので展開が遅い感は否めない。ザラムのボスと面会する必要はなく、グルーテックがブライトさん系の代弁者として機能してくれればいいのだが、グルーテック自身がボスと癒着しているので、主人公が直々に物申さねばならなかったのだろう。イワークさんほかの下層民とのふれあいか、ザラムボスとの面会シーンのどちらかをなくし、あるいは下層民―フリット、ザラム―グルーテックと接触相手を分担することで、状況説明の時間短縮をした方がよかったのではないか。妙にがきんちょどもが大きな顔をしているのは、作品の対象年齢にのっとった正しい描写であり、これを削れとは言わない。

年を食ってくると青臭いさを感じるような、大人の都合に対する怒りに突き動かされてガンダムに乗りこむフリットの姿には、往年のトミノ系ガンダムの主人公の香りが感じられ(理不尽に対する感覚をいちいち口に出すあたり特に。「○○が??だから、△△は□□になってしまうんじゃないか」とかカミーユみたいな口のききかたをするのだ、フリットは)、なかなか好感度が高い。

もっえあっがっれー ラーガンガンガガーン

とCMソングでもおなじみの人気者・ラーガンさんが、戦死しなくてよかった。タイタスのユニットをだれがどのような経緯でいつ古着買取していたのかが不明なのは、なにかもやもやする。